もう春なのか。

西日本は温かいです。

暖冬にもほどがあるぞ、というくらい。

 

窓から差し込む陽射しが春そのもの。

それは二階東南角部屋だから。

 

ベランダがある位置は朝陽が届くのは少し時差ある。

そして、窓のことだが、一階は全く陽が当らない。

毎年毎年、冬は裏の家を恨めしく眺める30年。

本当に悪いのは、一軒だけ屋根を高くして勾配を間違えている設計者。

建売で8社くらいの競争だったはず。

和風とか洋風とか、間取り、住宅設備などで競争はしても、裏の家がもろ日陰になるような屋根のつけ方はしていない。

 

まあ、30年前の夏には気が付かなかった。

気が付いても手遅れだったが。

当時は抽選が10倍くらいあって、当たらないから。

 

そんなこんなで冬になると文句を言いながら過ごしてきて、裏の家は家庭崩壊、誰も居ない。

我が家は子ども全員県外へ独り立ち。

結果としては、似たようなものだが、夜電気が付くか否か。

 

人生で最も大きな買い物であっても、30年でこうなるわけです。

場合によっては、もっと早く崩壊して手放すケースもある。

 

二階の部屋にいる限りは、まったく問題なくあたたかな陽だまりでのんきにPC見ているわけです。

2月になったら東君が帰省するという。

奥さんが実家で出産する準備に入るから。

 

で、すぐに思った。

同窓会とか昔の友達と飲み会なんかするなよ、って。

 

男はすぐに浮気を考えるからね。(一説には女性も同窓会には期待するらしいが)

 

家庭の平和を考えるなら、こちらへ来る時間があったら奥さんの方へついて行ってと思う位だが。(向こうの父親は、娘だけが嬉しいだろうなあ、とか思うし。)

 

なかなか正解が見いだせないのが人間関係。

夫婦だけでないからね。

 

産科・保育・育児問題がある現状では、素直に喜ぶ気になれない。

 

自然界の春は出産ラッシュですね。

ほとんどの動物は相当早く独り立ちしていく。

 

人間ほど遅い動物では、生き残れないよね。

そのうえ教育(6・3・3・4)までして、結果この有様の人間模様。

 

では教育をしなかったらどうなるか。

赤の国、人口が多すぎて手が回らないのか、敢えて大多数は低くしているのか。

 

何かあると人が殺到して混乱する、泣き叫ぶ、暴力行為に走る。

 

もう、強権で収拾を図るしかない。

 

自由と混乱か。

統制と秩序か。

 

アジアの衛生状態を見ると、ウイルスは不滅な感じ。

そして、凍土が融けていることは、第二のウイルス発生源になるだろう。

 

金髪オジサンが強気なのは、あの大陸がアジアから離れているから。

ユーラシアの大陸から離れているから。

 

いざとなれば、自国だけでやっていけるから。

 

まだまだ未開拓の土地は沢山ある。

金さえかければ、砂漠は緑になる。

ラスベガスがそうだったんだから。

 

砂漠は金を産む。

 

移民は認めないが、金持ちが来て遊び、大金を落とすのは喜ばしいこと。

 

地球は資本主義で、欲望が溢れている。

 

中東派遣の護衛艦が4ヶ月ぶりに帰港したというニュース。

全国ニュースでは流れないだろう。

任務が広く厳しくなる海自はますます人員が足らず、定員の6割で回しているそうだ。

 

多くの国民が目を背けているが、必ず反動はある。

 

赤の国・白の国・青の国は強制ができるから。

 

春は物事の始まる季節。

しかし、準備は冬に始まっているのだ。

 

手遅れとは、準備を怠っているから。

 

 

 

 

 

 

不祥事は大事件で覆い隠す。

なかなか逃げようのない長い国会が始まった。

ダンマリ・無視・無関係答弁もそうそう続けられない。

 

ならば、出来るだけニュースにならないように。

赤の国は例によって事実を隠すことから始まり、隠しきれないとなると強権発動で移動禁止に1000万都市封鎖。(さすがなんでもありの国)

 

ちょうど大移動の時期となる日本の対応。

本来ならもう少し厳しくできただろうが、・・・・

ここは犠牲者が出た方がニュース的には目玉。

政治の話題はもともと関心が低い。

 

日本国内なら感染しても死亡までにはいかない医療体制。

検疫緩めて炎上演出、不祥事を隠す。

 

しかし、今回はそううまくいくだろうか。

違反は明確な物証がありそうだし、証言もあるようだ。

 

なによりイメージ悪いのが、総理候補ライバル派閥の現職より10倍多い資金援助。

 

敵は叩き潰す。

 

子飼いの旦那の奥さん県議を立候補させて、現職落選。

これで怒らないのは男でない????

 

選挙で当選しても、議員として失格は出来る。

それが、選挙違反の連座制。運動員が逮捕されれば、議員は連座で失職。

 

さあ、地検の幹部は電話受けましたか????

いろんな上司からいろいろあったと思います。

お子さんの進路とか昇進とか。

 

もちろんご自身の昇進話も。

 

地方とは言え、昔は大本営が置かれるほどの軍事拠点。

今もその名残はある。

長州はお隣。

毛利氏支配で、出身地はこちら。

 

中央支配は歴史が長いぞ。

 

さあ、どういう結末か。

 

泣いて??馬謖を切るか。

 

それとも、証拠不十分で不起訴か。

ズルズルと先延ばし、任期終了か。

 

五輪まで引き延ばせれば、党規約改正で行くか。

はたまた、一度やめてリセットして、再出馬か。

 

疫病は怖いけど、それより怖い、人の恨みや権力闘争。

 

疾病は一時だが、恨みは一生。

 

 

歯のお掃除

毎月のクリーニング。

 

自分ではなかなかきれいに出来ないものである。

だから虫歯が出来る。

 

そして、高齢化してくると歯ぐきが下がり、刃の根元がやられる。

放置していいことは何もない。

 

ということで、もう何年だろうか。月に一回のお掃除。

 

今日は応援の先生がいて、3台フル稼働。

 

そのうちの一台から聞こえてくる説明は・・・

もう黒くなってダメですから抜きましょう。

ただし、血液がサラサラになるお薬を飲まれているので出血するかもしれないので、少し縫いましょうね。・・・

 

ああ、聞いているだけで恐ろしい。

こっちの背筋がゾッとする。

 

地域全体が高齢化しているので、まず40歳未満はいない待合室。

ほぼ7割は70歳以上と言ってもいいくらいの顔ぶれ。

 

それにはわけがあって、20年前くらい小学校近くのコンビニ跡に女医開業したから。

 

眼の付け所が>>>>シャープです。大正解。

 

というわけで、若い患者は女医さんやもう少し市内の腕がいいと評判の医院へ。

残された老歯科医。(

もともとは大型住宅団地目当てで、コンビニ二階で開業。

そして、近くの土地に自前診療所開設。順調な展開。

 

しかし、子どもは大きくなる。高校卒業したら家を出る。

 

まあ、自身も高齢になったので、いつまで営業できるか。

今日の若先生は、前も見た方と同じかわからないが、歯科医はあぶれているというし。

家付き・助手娘付きで譲り受ければめでたしめでたしだが。

 

医者や弁護士は高級エリートのように見えて、その跡を継ぐ子どもがいるかどうかで存続が分かれる。

 

地域に馴染んでいるからと言っても、地域が縮小・高齢化しているからね。

安定を求めるなら大学病院などだが・・・・そこは需要と供給で競争が厳しい。

精神を病むことも多々。

 

最近は志ある方の、救急医療とか在宅医療とか総合診療とか取り上げられるが。

発展途上国へ行くのは、未だにハードルが高い。

ライオンは孤独だ。

 

その他でも、家業を継ぐかどうかは、過去も未来も永遠に続く問題。

 

立派な家に生まれるのは、それはそれで大変ですね。

 

庶民のサラリーマンは、そう考えると子どもの選択肢は無限に広がり、自由だと叫んでもいいのだが。

 

そこそこに生きられればいいやという考えも多々あるだろう。

 

私なんか、そっちだ。

 

まあ、とりあえず、夜中に歯が傷み、一睡もできませんという日がないよう継続していこう。

 

 

優秀な人材は他社で開花。

業績を急激に改善した方は、時に裸の王様に陥りやすい。

そういう方の逆鱗に触れて左遷されたら・・・・転職しましょう。

 

自分の名誉とか、相手をやっつけるということに時間と労力をかけるのは損失だ。

 

ヒット商品はどこの業界でも待たれている。

しかし、固定観念の従来人には、なかなか現状が打開できない。

ゆえに外部・他業界の発想・人材が有効なのだ。

 

一つの大ヒットで10年持っても、現状維持は衰退するばかり。

 

ヒット商品はすぐにマネされるし、大手は販売力を生かして小売りを支配する。

下手すると企業買収に発展する。

 

人間は好き嫌いなんだよ。

 

転職は天職探す旅。

 

何が天職かなんて、そうそう簡単にわからない。

 

大事なのは職ではなく、仕事仲間だったり、家庭が充実できるかだったりする。

 

政治家って、潰しが効かない仕事だなあ。

からしがみ付くし、先生と言われる快感が忘れられないんだろうなあ。

 

人間性ではなく役職・利権に群がって来るだけなんだが。

 

私のように利権ない立場でも勘違いしてしまうほど、トップの呼び名は魔力がある。

 

肩書きが無くなれば、本当にただの人。

誰も見向きしない。

 

ストレスなくなり、私には安寧は日々だが。

 

 

 

 

 

 

ほらね、ウイルスは怖いだろ。

まったくのんきなんだから。

赤の国の衛生レベルを考えれば過去も未来も油断できないのは明白。

 

超金持ちの茶番よりウイルスだと言ったでしょ。

 

赤の国だから情報が正しいとは思わないが、発生地の市長が出るな・入るなと言ってるらしい。(たぶん一般庶民は勝手な行動をとるだろう)

 

もう他都市、他国へ移動し発症・感染が確認されたようなので・・・・お気の毒。

でも、夏を控えて良い訓練となるでしょう。

不運な受験生、に、ならないよう願うばかり。

 

国際空港が近くになくてよかった。

 

感染予防は移動の制限。

患者の行動確認と隔離。

 

死ぬことはないなんて初期に言った医師がいたねえ。

昨日でも、確率的に恐れることない、なんて言っている。

赤の国の数字を信じるのが、非科学的。

13億・14億の国だよ。

日本の10倍と考えていいのに。

 

空港職員だけでなく、もっと人員と機材をそろえて。

(厚生省・警察・自衛隊の職員を。防護服なら外観から身元は分からない。)

 

春節大移動だって。

 

まさにうってつけの五輪予行演習。

 

本気でやりましょうね。

 

国会でゴミみたいな追及や論争をするより、よっぽど有意義な実践・訓練。

指揮権を最大限発揮してください。忖度や配慮は不要なんだから。

ただし、記録は全部残しましょうね。

何が有効で、何が穴かがはっきりするから。

 

マスコミは大火事にならないと力を入れないからねえ。

赤の国のこと、あまり強くは言えませんよねえ。

 

与党が負けた時に限って大災害があるのは何故???

 

ということは、今のところ五輪はまだ大丈夫????は

 

こういうの都市伝説っていうのだろうなあ。

 

50年前に読んだパニックは、傑作だと思う。

 

あれで、組織や人間というものが、少し理解できた。

 

それにしてもである。

足のあるものはなんでも食べると言われていたが・・・・

 

党教育は徹底されているようですが、食文化はなかなか手ごわいみたいですね。

 

まして、衛生。環境は。・・・・・トホホ。

 

これで政権は、マスコミ操作して、話題を逸らせるね。

 

ドブネズミ夫婦は逃げ切れるか。

トムは追いかけるが、今回も失敗に終わるのか。

 

コメンテーターは儲けるばかり。楽な商売です。面白おかしくしてTVに貢献。

 

さあ、得点を挙げるのは誰だ。

 

 

 

 

 

業務委託

給湯器の中和機という部品交換に来たのは・・社名が入っていない軽貨物。

 

その時点で、ああ違うシステムだと思った。

 

いわゆる修理というサービス部門は、人件費や効率化という観点で集約されている。

車・家電など、かかわりのある所でよく聞く話。

物凄く忙しい現場。

予約・予約・苦情・リコール・・・・

 

で、こちらの方、たまたま部品を車に積んでいたので近くから回ってきたという。

報告書も兼ねたタブレットで仕事がリアルタイムで会社へ報告されるよう。

さらに領収書・請求書発行機も備えていて、その場で決済完了。

 

①出張費・②修理工料・③部品費・④消費税という明細まで印刷されて出た。

 

たぶん①②が業務委託費用になるだろうから、約8,000円。

全額取り分としても、一日3件で24,000円。

そこから自分の車や装備などの経費を差し引くと粗利は2万円くらいだろうか。

保健や年金は自分持ちなのでさらに引かれて純利は15,000円くらいか。

 

ああ、なんか見たような数字。

選挙カーの運動員の日当だな。

 

修理は企業としてみると、売り上げには関係ないという扱い。

でも、それをしないとお客は逃げる。信用失墜。

 

スマホ販売は、ほぼほぼ代理店。

売るだけ売らして後は・・・・

 

選挙は必ずあるが、それだけでは飯は食えない。

しかし、日々の活動をおろそかにしていれば、応援してくれる支援者はゼロ。

金で雇ったアルバイトにパート。でも、それだけでは勝てない。

セミプロクラスが必要。

結局、日頃の行いが良くなければ水は漏れ、畑は枯れる。

人情・心情・無償の応援という地盤は無いことに気が付かない、才に溺れた人。

 

そうそう、給湯器メーカーなんて、一般人にはそうなじみがないから、我が家のは業界1位だったと知ったが、2位は2%の差しかない。

 

困ったことに共にカタカナ4文字。Nが多いぞ。

 

どちらも優れた製品を生み出すようで、いいライバル関係みたい。

こうなると、メンテナンスが明暗を分けることもある。

決して高くない設備、10年で交換目安、途中で一回は故障もあろう。

 

業務委託というからには、個人請負にさせられた方々がいるはず。

素人が簡単に出来る仕事ではないからね。

 

市役所の窓口はほぼ非正規。

学校の講師も。

 

ひと昔前は、日本は中小企業で持っていると言われたが。

さらに、非正規の人々で大企業の利益が確保されている今。

 

官邸の指示通り、多数決で決まる国会なら、AIに業務委託してもいいのでは。

ボタン押すだけなので、最安値で。

 

私たちは仕事の合間に喫茶店で野球観戦したり、海辺の駐車場で昼寝していた、あれから40年、現代では無理だな。

 

ああ、かわいそう。

 

モダンタイムズから何年経っていても、まったく労働者は改善されていない???

 

資本主義とは、かくも優れた主義ですね。

 

社会主義も、どっこい生きているのが不思議だが。

 

共通するのは、強いボスがいること。

表に出ない黒幕は、出ないだけに素人にはわからないが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もがやっていることだから

朝から晩までマイクで叫ぶ仕事が15,000円というのが安すぎるのだ。

そりゃ、候補を心から応援する方ならそれで済むかもしれないが。

 

プロの歌手でも2時間が限度ですよ。

素人は1時間で喉潰れます。

1日したら翌日はもうダメ。

 

ということは、しゃべるのが仕事のプロ・セミプロの出番。

大会などを仕切ったらわかるが、素人とプロの違いは大きい。

 

そして、プロはそうそう引き受けない。(政治色は嫌うから)

 

今回墓穴を掘っている方は、地元で嫌われ、県議会で嫌われ、自分でプロを手当てできず、夫と後輩の女性県議に頼っての選挙。

 

昨日、その美人県議がまるで犯人扱いされたと怒りを露わにされていましたが。

大会社美人モデル令嬢が県議になった時から、自信の存在が消えたように思ったことでしょう。何しろあちらは、おじさま方がチヤホヤしているのに、こちらはしかめっ面の上から目線のキツイ女ですから。

 

将棋で言うと、詰んだ、状態だと思うのだが。

国会開会式には100%でなければいけないようでしたね。天皇が出席されるわけですから。仮病などは吹き飛ぶ。(クビが飛ぶよりはましか。)

 

さてさて、困ったのは官邸。

県警はどう絵図を??

 

これだけ捜査先が報道され、自ら会見までするお嬢が出て来ては。

下手を打つと地元財界も敵に回す。

ひいては他の議員まで・・・

 

警察署で証拠品の八千万円が紛失した事件とは比べ物にならない全国ニュース。

 

さあ、県警本部長は、異動前に困ったことですね。

 

そうか、今回は地検が先か。

 

そっちの偉いさんはどこから指示が来るのだろう。

 

 

バカだよねえ、直接報酬を払わなくても。

今時、高級バックなら右から左で現金化できるのに。

或いは、活動実体のない家族へ支払うことだって可なのに。

 

無能な夫と自己顕示欲ばかり強い妻の行き着く先は、・・・・・

 

 

それにしても、である。

総裁候補の地元でこれでもかという揉め事。

長引けば長引くほど候補の力は弱まる。

 

ライバルは叩く。

これが必須。

 

小物はいつでも切って捨てられる運命。