伸び放題になる可能性を除去しよう。

昨日見た空き家の植物無秩序状態を見て考えた。

 

アジサイはすぐに剪定して背を低くしたが、その他の雑草区域は根こそぎ掘り起こして根を撤去しないと見た目が廃墟になってしまう。

 

道路側の隙間から生えるものには、強力除草剤だな。

この際環境は無視。雑草ボーボーよりましだろう。

 

空き家の環境管理なんてされない。

特に30年超えの中古なんて。

 

依然ツタが伸び放題で家の壁を二階まで覆う惨状を買主が撤去している動画があったが、あんなの最初に枯らしておけばいいだけなのにいない不動産屋。

 

一社専属契約から複数契約の一般に切り替えることになったわけだが。

 

たぶん一社でも管理はしないだろうなあ。

 

写真掲載に問い合わせがあって、内覧が決まればそれから考えるという感じかな。

 

とにかく、決まるまで時間はかかることは明らか。

これから盛夏になり灼熱地獄になる前に、肉体労働は終えたい。

 

今回はもう腐葉土化は出来ないので、ビニールシートの上で乾燥・枯らしてゴミとして出そう。

 

ついでに、人間侵入防止の柵も撤去してしまおうか。

作業に不便なので。

 

たぶん、隣人に興味持って聞かれるだろうが、まあいい。

振り切れた断末魔状態としておこう。

 

盆栽からの地下植えもこの際撤去しようか。

とてもひどい形ですし、古臭い家をさらに古く見せる。

建て増しした周囲は狭いから、出来るだけ何もない方が広く自由に感じられる。

 

家の中は、家具が無くならないと写真も撮れないよなあ。

それにしても、改めてゴミだらけというか、不用品だらけの家になるなあ。

30年住むと。

 

都会近くの河川敷や高架下が不法投棄の常連になるわけだ。

商売している不良業者は金使いたくないからな。

 

学校の壁の中へ隠す輩もいるし、油断すると本当に悪ははびこる。

 

というか、人間の心は弱いよ。

 

わからなければ、見ていなければ、少しなら、自分だけなら、みんなしているから。

 

言い訳し放題です。

 

今、強い雨

 

土が少し柔らかくなったかな。

 

 

刃物が切れなくなった。

剪定ハサミは、葉が間に挟まり開かなくなること多発。

刈り込みハサミは、切れなくなった。

 

両方に共通する要因は、私が我流で調整したから。

 

まず、刃を研磨した。

安直に、砥石とか丸い棒状の西洋式のやつとかで。

更に、刈り込みハサミのネジを回してみた。

刃の締め付けが硬くなったり、ゆるくなったり。

 

もう、ここではたいして使うこともないから、買い替えることはしたくない。

 

いろんなことを我流でやって中途半端な結果。

 

いつまで経っても雑な性格は治りません。

 

長く生きすぎたなあ。

 

ボスから陥落した(させた)白猫は、不貞腐れた様子で段ボールハウス内にて恨めし気な目で見つめる。

 

たいして2~4番手はじゃれついてくる。

 

権力者、支配者には、残酷だな。

 

自分の力で成ったわけではないピエロおじいさんは、G7という白人仲良しグループに参加すること自体が場違い。

見ていて痛い。

経済だけで参加することになったのだろうが、悲しい言い方をするとアメリカのポチ。

 

しかし、今は経済もリーダー的立場ではないし、本当に影の薄い存在。

 

五輪で日本がどうなろうと彼らには関心はない。

 

世界の工場であり、大消費国の赤国が気になるばかり。

米が敵対仕掛けると、その影響で欧州の経済に影が落ちる。

 

人権なんてものが解決できるわけがない。

 

切れない刃物で立ち向かっても、全然役に立たない。

 

ネットで新品を購入する具合に行かない国のトップ。

 

どちらかというと、不用品交換市場の感じがする日本。

 

誰がなってもという論理が根強いが、誰の言う事でも聞く・忖度する従順な国民があってのこと。

 

それも、2年ともなると。。。。。。。

 

金の切れ目が縁の切れ目。

好き勝手なことする上を見て、下も好き勝手。

 

こうして崩壊が始まる。

 

これで、感染爆発が生まれなかったら、逆に今までがなんだっただと言う事になる。

 

なかなか難しい人の気持ち。

 

テロは、ITウイルスか、生物ウイルスに限るね、と言う事だけが証明された。

 

費用対効果が抜群だった。

 

 

ミスばかりしていた新人時代を思い出させる。

日曜日夕方、最初に会った準大手若手社員から電話あり。

書類はどこへ入れましたか。

???

どういうこと?

 

そもそも、会った翌日夕方急に来て、別の書類にチェックを入れてくれといい、さらに見取り図と契約書もいるというから、じゃ、明日営業所へ持っていくと言ったはずなのに。

 

翌日持参すると定休日だった。

??

電話して怒って、ポストへ入れておくと言って、場所を通話しながら探し、こういう状態で入れたと話して帰って、水・木~定休日・金・土・日の夕方電話。

 

どう考えてもおかしな話。

自分のミスが何度も重なっている。

その日のうちに回収して確認するべきが、日曜日。

 

結局、無くしたんだろ、と怒り指摘すると、大丈夫です。

確認です、という。

 

何を?

 

ああ、自分の新人時代を思い出させるような不手際・容量の悪さ・・・

所長には言わないから、まあ、がんばれと言ったけれど・・・・

 

どういうわけか、今回も大手がすぐ1時間後電話あり、明日訪問して写真や書類をお願いしたいと言う。

 

なんなんだ、盗聴器でも仕掛けてあるのか。

 

あまりにタイミングがいいのが続く。

 

とにかく、成約しやすいよう、近隣の売り出しより大幅に下げているのだから、不手際で遅くなるのは困る。

ボーナスのタイミングを見計らっているのだから。

 

陽当りのいい夏に決めたいのだから。

 

これが偏差値の差なのかなあ。

 

他人ごとに思えない。

 

まさか売ることになるとは思わないから、自己流細工・補修・改造のしまくり。

 

住宅チェック表に何もない項目はないくらいの変更だ。

 

なんかなあ、このまま、売れ残りそうな気配もしないではない。

 

バイク君に不動産業界を進めたけど、そちらへは行かなくてよかったかな。

一件一件、複雑な事情や背景を抱えて売りに出される物件ばかりという感じがしないでもない。

 

今日、動画で相続と入れると、やっぱり、そういう複雑な話が出てきた。

 

古民家再生なんて、本当によくやるよなあ。

 

荷物全放置みたいな荒れ放題が当たり前を買うわけだから。

 

そうかと言って、新築がすべて信用できるという程、甘くはないのだが。

素人にはわからないところが多すぎる家。

見えないところは、いくらでも手を抜けるんだよなあ。

 

配線の質をケチって火事になった高層ビルの映画を思い出すなあ。

 

地震液状化なんてのもあるし。

 

人生もう一度なら、きっと結婚せずに放浪したような、限りなくダメな人生なんだろうな。世間的には。

 

まあ、結果として大手からでも情報が上がれば、飛びつく安さだから、準はあくまで準として、流していこうか。

 

大きな雨音で目が覚めたら、怒りが蘇ったのでした。

 

 

 

 

 

折り畳みベットの向こうからベンチチェスト

不用品の置き場所が無くなってきたのでベットを畳んだら、その向こうからベンチチェストが現れた。

色々なモノが乗っかていてすっかり存在を忘れていた。

子どもが三人になり、そして大きくなると食卓の椅子が足りないというか、配置的に難しかったのでこれを窓側に置いて代用していた時代があった。

 

7歳・4歳・2歳という年齢差なので、魔女が18歳になって県外へ出たら解消された。

 

男だけの食卓が結構充実した記憶がある。

とにかく量が必要な時代だった。

相撲部屋みたいに夏でも鍋に野菜・肉・魚を放り込んで食べる。

餃子も手作り60個があっという間。

焼きぞば・焼うどんは6玉が標準。

 

ベンチチェストは、男どもがそれぞれの個室を持った時に二階へ移動したので、きれいなまま。ちらっと引き出し開けたら、ゲーム関係のモノが半分。

またまた小型家電です。

 

押し入れとかタンスへはまだまだ到達できません。

部屋に増える不用品の山が解消しなくては置き場がない。

 

家具は全部欲しいと魔女が言ったが、はっきり言って向こうでも不使用なものになると思うけどなあ。

しかも、ほとんど二階へ上げたらなおさら。

思い出保管場所だな。まあ、ゆとりがあるからいいか。

 

それにしてもこういうものに費やした金額は累計すると相当になるな。

 

消費文化が資本主義を支えているわけだ。

 

伐採動画が面白くて、新しいものを探してみていると、親から相続した家や山林の大きくなり過ぎた伐採が登場。

 

手入れしないで放置した状態で60年経つと大変な迷惑大木や荒廃山林になっている。

大型機械でないと対処しきれない。

これって、材木高騰の折、黒字になるのか赤字になるのか微妙な感じ。

家の敷地の中だと、マジ大赤字必至。

 

災害や停電で地域の人に迷惑かけているようだし、土地持ちの相続はそれなりに苦労がありそうですね。

 

まあ、そんな親元から離れて疎遠な結果でもあるようだが。

 

私は、ダムで完全消去になって、嫌な過去も忘れやすくて良かった。

モノだけでなく、人間関係も消去。

 

そして、また消去??するのかな。

 

古代文明が滅びるのは、歴史のリセットなのだろうか。

 

あんたたち、やり過ぎたね、って。

 

ということは、次にリセットされそうなのは、どこだろう。

 

残念ながら、それは検証できそうにないなあ。たぶん。

 

 

 

 

 

組織はトップ次第。

歴史もの番組では、戦国時代が一番の人気だ。

 

信長・秀吉・家康と比較する有名人が揃っている。

 

特に秀吉は太閤記などの物語から人気が高い。

 

今太閤・角栄へと繋がる庶民の夢。

 

西日本では毛利氏が有名なのだが、その出生地が昨年からネットでもお騒がせの安芸高田市になっています。

悪政といっていい国が強引に推し進めた広域合併によって。

 

安芸吉田市ならすぐに全国で名前が武将と連想される。

しかし、高田郡の他町村から反発されたのでしょう、郡の名前が生き残った。

 

そして、例のポチ夫婦買収騒ぎで前市長辞職からの選挙で新市長。

田舎では孤軍になるのにすべてが喧嘩腰手法。

議会がことごとく反発します。(させている感がある。)

 

大河の時には臨時の出城まで出来て全国から観光客が来ていたのに。

やり方次第では、今も歴史ファンには魅力あると思うのだが・・・・・

 

一方街自体は、安い地価と高速道路ICが近いと言う事もあり、工場移転や拡大、大型商業施設や有名店舗が新設され、若い人用に住宅も建設が進む。

スローガンをつけるなら、田を新築住宅にして、孫たちへ。かな。

赤字と苦役な農作業より、家賃収入あるアパートや自分たちが住める近代大住宅。

 

本当に、どんどん工場が移転してきている。

なんだかんだで未だにトラック輸送が主流の物流。

ICが近ければ全国へ都合がいい。

 

安い地価と安い人件費。

渋滞のない田舎道。

外国人も定住しやすい。

 

あれえ??、トップがどうなろうと、民間は進めるね。

 

ピエロが無理な号令かけたら、自治体が工夫してより良い独自策を構築。

民間にも無理を言えば、そこは知恵者が一杯の大企業や大学はさらにいい案を実施。

 

自衛隊が開店休業というけど、早く撤収して五輪対応に備えるべき。

 

敵は黒船。

自由を命かけて選択する民族。

場合によっては武力でも、という方がた。

中には、そもそも規範が欠如した民族もあるようだが。

 

ダメダメトップは、反面教師で部下を自立させることもある。少ないけどね。

 

引っ越しは、しがらみや過去と決別するいい機会。

 

軽貨物の荷台に乗るだけの荷物で過ごすよう奮闘中。

 

生きているTVが大・中・小・あるのだが、一日の90%はPC見ているんだよなあ。

 

新聞やめて、携帯やめて、テレビもやめ、固定電話もやめたら、とても身軽になるのだが。

私に用事があったらハガキか手紙にして。

1~2日で届くのだから。

緊急なら電報もまだ生きている。

 

不幸がない限り緊急はないだろう。

その不幸でさえ、県外在住ばかりなのだから、コロナでは人の移動はNG。

 

カメラ越しの動画がPCで出来る。

 

安否確認は高いお金払わなくても、私のブログで出来る。

(一日三回以上書いているのだから・・・・暇つぶしの駄文だが)

 

少ない年金嘆くより、工夫しない自分と決断しない自分を見つめなおそう。

なんていうのも、しないのが普通。

手にした贅沢と便利は手放せないもの。

 

それによって、心を失うのは、プライレス。

 

生き方なんだよなあ。

 

私の切れない悩みは、猫。

 

五匹猫の部屋構築が目下の課題。

 

咳・毛・じゃれつくなど難問だ。

 

今のところ妙案が浮かばない。

 

 

 

 

 

 

100ページの査定書の前に電話かメールだろうに。

3つ目の不動産屋から100pの書類が送られてきたのが火曜日。

木曜日夕方電話があった。

 

おいおい、逆だろう。

まずは電話かメールで参加表明しなくちゃ。

 

電話を受けながら営業所の紹介HPを開くと、一番わかそうな方でした。

 

会社は一流企業の名前が付いていて、書類も大学の卒論かというような地域や社会の分析を年収構成まで持ち出した読み物としてはいい作品。

 

でもねえ、決定的に遅い。

 

なんだか自分の若いころの、電話恐怖症・対面恐怖症を連想してしまう。

 

ので、優しく、素晴らしい仕事なんだが、どうにも遅かったから、もう、説明を聞くのも書類をどうこうするのも疲れて面倒なんだ、と言い訳展開。

 

買いたいという人が現れなければ、先に進まない話だから、五輪が終わったころにまた電話してみてと言って切った。

 

そう、もう五輪がすぐと言っていいほど近い。

だから、無能な会長は、事件では困るようで、事故だと偽装工作言い出す始末。

まったく逆効果。

 

こうなると、あの足を負傷しての金メダルも、裏取引があったのではという疑惑。

 

木に林の方が辞めた時に、一緒に辞めればよかったのに。

もう遅い。

 

結局、誘致合戦の時からコロコロ人が失脚し続けて今。

 

責任を持たない、取らない、覚悟もない方々の五輪は、ただただ現場の頑張りによって運営されることになる。

 

気の毒に。

 

また、事故は起こるかもしれない。

 

参考数字として、一か月の自殺者は2021年4月~1799人。

 

コロナ死者数:2021年6月10日時点、累計13932人、前日比+71人。

(仮定~71人×30日=2130人)

 

あれ??安心な日本社会は、この程度の数字は基準にもならないようです。

 

ピエロさんの思い出話をありがたく拝聴して、マスコミが大げさに盛り上げる大会を・・・・見るのか、見ないのかは、あなた次第。

 

すべては自己責任。

ピエロさんは所詮ピエロさん。期待する方がアホです。

 

私は粛々と片付けをしていくだけ。

 

引っ越しがなくても、魔女が家具を引き取るので大幅な断捨離が出来る。

私の部屋以外は全部処分でスッキリ。猫も喜ぶ???

 

こんな時代に働く方でなくてよかったよ。

 

私はいなくなる方の数字に入りそう。

偵察??

話したくない隣の奥さんが、料理を持ってくるようになった。

 

こちらの生活習慣・時間を見越してのちょうどタイミングで。

 

手作りというより、総菜を温めたか、手を加えたという程度のもの。

 

我が家の異変を察知して、興味本位の覗きみ訪問だろう。

 

まあ、それほどの変化と訪問者だからな。

 

そのつまみをあてにウイスキーのジュース割りを作りチビチビ、名作朝ドラ再放送を見るつもりが、国会やってた。????

 

本当につまらない茶番にもならない、高齢者施設のぼけ老人の会話かという程の不安定さと中身のなさ。

 

しかし、これでも回る官僚世界・命令順守・忖度国家。

 

突然の無茶ぶりでもとにかくこなす人々。

 

それを見て自画自賛のピエロ。

 

あんなに攻撃されて追い詰められてひどい目に遭っているのに、そのピエロを続投ありという意気地なしお公家様。

 

検査数が劇的に増えているとも思えないし、かといって道端で倒れる人もいないし、有名人も死なないし、・・・・・

 

冷静に見れば、大したことないじゃないという日本。

 

だって、満員電車は動き、繁華街に人は溢れ、昼間はどこも営業しているでしょ。

相撲・野球・ゴルフ・・・みんなやっているじゃない。

 

どこが緊急事態なのか、さっぱり実感としてわからない。

 

80過ぎの爺さんたちが大勢集まった国会では全くコロナのコさえ発生しない。

 

残念、やっぱり東京は特別なところなんだ。

日本は神の国なんだ。

良かったね、方言大王。

 

海外の貴族が泊まるホテルには、大王をはじめマリオ大王やお坊ちゃん大王などが連日現れ誰も入れないスウィートで宴会するのが目に浮かぶ。

 

まあ、それでもいいや。

 

東京およびその周辺だけのことだから。

 

終わったらさっさと帰ればいい。

 

それより深刻なのは、ワクチン接種で経済復活している欧米・中国などの物資争奪戦。

 

木材だけでなく、今まで自粛していたようなものが急に取り合い。

 

乗り遅れ・足止め状態の日本は、どうなる??

 

私が敵国なら、・・・・・もう一押し。

保菌者を送り込む。(正確にはウイルスですが)

 

それもまたいいと思う。

 

全世界、地球的に見て、人口は減った方がいいのは明らか。

 

冷酷な言い方をすれば、生産性がなくなった人間はなおさら。

生産すらせず、援助で暮らす**などもそうなる。

 

医療や衛生状態が心配されたアフリカ諸国は全く話題にもならない。

 

五輪は先進国のショー・ビジネスとして放送されて金を生む。

やはり酷い言い方をすれば、欧米選手だけで成り立つ。

 

もともと、そういうスタートだったのだから。

 

プロスポーツ大国のシーズンオフ客寄せイベント。

 

もうTV見ない生活が定着したので、どうでもいい。

 

作られたものは嫌悪感しかわかなくなった。

 

今、落ち着きたいときは、伐採作業をじっと見守る。

プロの仕事は嘘がないし、演出もないので、心が落ち着く。

 

大工仕事の匠の技は凄すぎて、何がどうなってあんなにうまくいくのか、手品みたい。

 

でも、いわゆる回数を稼ぐのは、女性を売り物にしたり、美人を前面に出したりが手っ取り早い感じの数字。(数字だけ見て逃げる)

 

そして、参考になるのは農業の作業動画。優劣があるので見極めが難しいが。

 

旅行ものは、先日過去の写真や地図も捨てたので、もう見ることをやめた。

 

これから何を見て生きていこうか。

 

五匹の猫をじっくり見ると、最古参はすっかり白くなった感じがして年寄り感がましたなあ。

 

比較的涼しくなる窓開けた午後の玄関で、5匹と一匹初老が見つめ合う。

 

全部がなくなっても、私たちは残る、と。