最近の家は匿名か。

だいたい出来上がり、業者が掃除して写真撮影していた。

 

若い女子だったので、聞けば答えるだろうと踏んで、踏み込んだ質問。

 

結果、建築確認はこの土地では不要。

ポストは今検討中。

住所表示はしない、らしい。

表札は出さない、らしい。

 

これが今時みたいですね。

 

配達する人の苦労は考えず、自己防衛オンリー。

 

スマホやPCの検索・購入・利用情報や各商店のポイントカードから情報は駄々洩れなのに。

 

まあ、道路の向こう側だし、自治会ヤメタシ、まず会話はないだろう。

何十年住んでも。そういうもんだ、今の生活は。

 

いよいよ、入居が近い。

現役で働く世代は、どう考えても感染リスクが高いから、そういう意味でも、非会話・非接触だな。

 

こんな状況で働く人々。

 

心労が溜まりそう。

 

GW終わった時に、政治の無力を再度知ることになる予想。

 

介護施設は、面会謝絶で、果たして入居者の心はいつまで持つだろうか。

介護士の心も・・・・

 

アメリカの高齢者施設の死亡例は、決して不思議ではない。

 

それでも日本では逆な見方が出来るかも。

 

サクサク空きが出来て、家から移せるので、老々介護の奥さんは助かる。

 

もしかして、ウイルスの真の目的は、高齢者人口削除かな。

 

超人口大国なら、有り得る話。人権無視の人口調節した実績があるからね。

 

政治犯程度では微々たる数字。

細菌兵器は、人口調節にも利用可能。

 

白人が、それ以外の削除をしようと考えると、まず黄色かな。

経済大国に2ついるのが、目障りだったから。

 

まあ、このウイルス騒動が収まっても、欧米へは行かない方が良さそうだね。

 

この最中でも赤い旗振りかざして世界進出しているしたたかさ。

 

どうしてあちらの空母では感染が報告されないのだろう。????

 

アメリカは空母も基地も感染が報告されている。(本国へ)(日本は蚊帳の外)

 

いやああ、こうして考えると、一棟で数千人がいるタワマンなんて、ウイルスもスパイも犯罪者も格好の隠れ蓑だね。

 

高額所得者は、堂々とするほど高級扱いで、免除されやすい。

 

国のトップレデイ―の横へも堂々と行ける。

 

裸の王様とお転婆女王様は、利用しやすい、ようですね。

 

問題は、その次です。

 

主体性を持たない国民は、今度は無能な王か、強権の王か、未知の王か。

 

それとも、他国の王をいただくか。

 

国が匿名になることもあり得る。

 

ウイルスに適切対応した台湾は、国際社会では、赤にはじかれて???

 

ヒマラヤ近くのチベットは、半世紀以上前から赤の支配下だし。

 

アジア、アフリカも・・・・・

 

着々と支配が進む。

 

いやあ、SFより怖い現実社会ですね。

 

 

 

 

 

 

糸こんにゃくの効果絶大。

ただでさえ運動不足なの上に、咳の薬を飲めば便秘傾向になり、そこから痔が悪くなりの悪循環。

 

そういう時は、糸こんにゃくを入れた簡単鍋で対応。

 

食材が高騰している折なので、その他はモヤシと豆腐と豚肉。

一人分なので片手鍋でOK。

 

すると、翌朝には快調なトイレ事情。問題解決。

 

最近では週一だな。(買い物が週一なので)

その間にまた固くなるのだが、糸こんにゃくがあると思うと気が楽。

 

鍋ばかりじゃ、飽きそうなので炒めものや煮物にも使っていこう。

次の買い物では、板と糸と複数購入しよう。

 

ついでにごぼうや切り干し大根といった日持ちして繊維も多いものも。

 

ニンジンや大根は、カットしてなますの素で漬け込めば、保存が効いてすぐに調理出来るし、そのままでもOK。

 

さんざん東京のこと悪く言っているが、人口が1300万人だもの。(3年前)

我が県は12位・280万人で東京の6分の1。

28位愛媛130万人、10分の1。

39位香川97万人、13分の1。

47位鳥取57万人、22分の1。

 

さらにさらに、高齢化も高いのが人口比の特徴。

 

知事が突飛なことを口走ったようだが、背景には危機感があるから。

軽症者隔離用のホテルが手を上げたら、地域住民が猛反対で頓挫。

感染者施設公表は非難電話と嫌がらせ。

 

地方の住民は我が身に降りかかる危機感も東京の比ではないのだ。

 

したがってエゴが増大。

 

でもねえ、病院は少ない。

その時、自分が入院したらどうするの???

 

しかし、まだ感染していないうちは、感染要素を排除することに必死。

 

呑気に家で貴族気分や女王様好き勝手なトップの言うことは全く信用できない。

そして、誰も布マスクしない国会議員が、裸の王様を支えて??いるのだから。

 

自分の身は自分で。

知事だろうと市長だろうと、言うことは聞かない。

 

トップが信頼されていないと、無法になるというよい例です。

この程度で収まっているのは、この国の国民性。

 

県外ナンバーがパチンコ店に押しかけて、慌てて知事が来るなというチグハグ。

 

パチンコ店は警察所管。・・・・・・そのトップは・・・・人事も自由にできる裸の王様なんだが。

 

マスクは全部国が買い上げて統制することが出来る法律だったのでは。

 

在庫処分の布マスクをわざわざ大金出して郵送するアホ丸出しに期待するのもバカらしい。

 

昨日も大阪から転勤してきた方の陽性判明。

 

事件になる日もそう遠くない気がする。

 

鎖国の次は鎖県。

 

東京と名のつく遊園地で浮かれていた千葉に、アホが大勢来るから困ると言っても今更ですよね。

 

知事の手腕で大きく信頼に差がつく。

 

信頼されていない方の言葉は、空疎。

 

本当に、どこへも行かない毎日。

買い物も一番近くのスーパーと薬局のみ。(週一)

 

人が怖い。

 

コロナより、人だ。

 

 

感染したら、地域から排除される。

 

 

 

 

どうしてオムロン元社長が・・・

まだ80歳。

全社挙げてコロナに対峙している時に。

 

医療界の損失です。

 

(要らない後期高齢者はマスクもせずに方言し放題なのに)

 

昭和の時代を作り支えた方々がどんどん亡くなられる。

 

怪物だとかドンだとかいうのは、殺しても死なないから怪物なのかね。

 

最初の会社では薬を売っていたが、寮で同室だったのは医療機器担当。

何度も仕事は変わったが、今でも年賀状の行き来が途絶えない一人。

 

薬は病気を治すというより、儲けるという感じの時代だったので。

患者に直接装着したり、治療に貢献する機器を扱う彼に、やりがいとか崇高さまで感じていたなあ。

 

特に内視鏡とかは進歩は著しいし、未熟児の保育器は命にかかわる大事な機器で、修理や調整が多かった。

 

さらに、産婦人科では、優生保護法の存在を生々しく知ることにもなり、幻滅も感じていた。

もっと直接人とかかわってやりがいを感じたいと・・・・。

 

仕事じゃなく、自分が変わらないといけなかったのだが。

 

それにしても。

 

悪い奴ほど欲生きる、って感じ。

 

 

コロナを利用しての政局駆け引き。

 

裸の王様の正味期限はいつまでか。

 

昨日買った卵は1か月以上あるので、思わず店員に聞いた。「これ合っているの??」

しかも、高めの価格。(本来の定価かな・・)

 

(コロナ騒動以前は、正味期限1w足らずのを安売りしてたよね。)

(飲食は需要減少ですべての食材がだぶついているはずなのに・・・・????)

 

うううんんん、わからない、先行き不透明。

 

これ以上、地方での感染を広げないで欲しいところだが。

本社が東京集中ということは。

新幹線が動いているということは。

バカな都民が移動しまくっているということは。

 

残念ながら、すでに感染が浸透しているので、防ぎきれないかも。

 

家に籠って、自己防衛に励むしかないのだが。

 

ATMとスーパーは一体なんだよなあ。

25日前後が危ない。

 

昨日のスーパーでも、10代女子二人組がマスクもせずカートを押していた。

 

オムロンさん、自動熱測定改札でも作りましょうか。

検温する人が危険だから。

 

新幹線の改札用に。(今、利用が減っているから試行しやすいはず)

 

たぶん、すぐ作れると思う。御社なら。

 

あとは、政治の強制力????

 

はあああ、残念。

 

技術はあるのに、生かせないこの国の政治。

 

だから海外へ流出していたのだが、今は国内回帰のチャンス。

 

弔い合戦だ、自動でどんどん選別して、悪を排除しましょう。

 

改札の手前に、【これは任意です】、と一言添えればいいのでは。

(みんなと自分の安全のために)と。

 

がんばれ、製造業の皆さん。

 

アホな裸の王様の戯言に負けるな。

 

ネットワークで一つになって戦いましょう。

 

期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

ホームページに練習風景

キャッチャー目線で見る投手の球は、想像以上に凄い。

 

いつもの試合では聞こえない球が風を切る音やミットを破りそうなくらいの鋭い音。

 

昔の閑古鳥が鳴いていた球場では聞こえていた音が、新球場にお客が沢山入りどんちゃん騒ぎになってからは、聞こえなくなった音だ。

 

打撃練習も凄い音がする。

スイングの早さは風切り音でわかる。

もちろんだ球音も違う。

球が壊れるんじゃないかという位の衝撃音。

 

いいよなあ。野球本来の音だ。

 

今は特別な専門家でなくてもネットにあげられるので、球団職員のアイデアと努力で楽しませてもらえる。ありがたい。

 

来年からは、NO鳴り物デーを設けて欲しい。

毎日とかでなくていいから。

 

今年は、来年以降のスポーツの在り方を考えるいい機会にしましょう。

 

ずっと言っているカメラワーク。

選手のアップ多用じゃなく、全体の守備やランナーの動き、ベンチの動きなど、戦術や指示がわかる全体像が欲しい。

 

解説は、そういうベンチワークや意図を。

 

アナウンサーの絶叫はいらない。

 

バラエティーのスイッチ切り替えじゃないんだから。

 

ほんと、ゲームの方が視野が広いし意図も分かるぞ。

 

打者の情報も何十年も進歩しないよなあ。変化球が打てない、全力疾走しない、初球は見逃す、追い込まれてボールを振る確率など、データを精査するば明らか。

 

CMが入りまくる地上波はもう見捨てて、専門チャンネルに希望を見出そうか。

 

なんて言ってるが、来年になったら元に戻るか?????

 

分からないなあ。

 

コロナ以前から、気持ちがダウンしてきたからなあ。

騒々しい中継とレベルの低いリーグに。

 

今年1年試合が無かったら、ますますレベル低下は進んでいるかも。

 

ああ、それにしても、五輪のドンも球界のドンも、まだ・・・・

 

 

Ps、

赤・白・金のドンはいつまで健在??

 

 

 

 

 

 

東京という地方局

我が県内初の死者が出ました。

 

県北の高齢者施設の集団感染が発生した時点で予想されたことです。

 

地方の地方では高齢化は東京より高く、3世帯・4世帯同居も珍しくありません。

 

したがって危機感は全然違います。

 

自粛と言われても、遊びに出かけている東京の画を放送されても困るだけです。

 

したがって地元TVのニュースを中心に見ているはずです。

 

これは、どの地方でも同じだと思う。

 

バカな東京の画など地方では、アレでは感染が増えるはずという教訓程度。

 

毎度お馴染みの朝昼のワイドショーも東京中心。

地方には意味なし。(私はもう見ない。)

 

今は、ネットで地元感染者情報を確認して、どこが感染危険地帯かを把握する。

 

県北では、中心となる公立病院が市に一つ。

広域合併で県北に2つの市になった。

つまり物凄く広い行政区に公立病院は2つしかない。

 

もし、片方が院内感染を起こせば、全体の医療がダウンする。

コロナ以外の病気・手術・出産に多大な影響。

致命的と言っていい崩壊が、すぐ来る。

 

それが地方の危機感。

 

公立病院や大学病院など、たくさんある東京では危機感が薄い。

 

ハッキリ言おう。

 

どうでもいい。東京なんて。

崩壊して慌てふためく様をTVが喜んで放送して、視聴率が上がったと幹部が喜ぶ姿が今から見える。

 

再度言おう。

地方は、感染が増えれば、死亡者が一気に増える。

 

悪意ある国の政治家はそれでも思うだろう。

医療・介護・年金手当てが節約できて、国が助かる。

 

 

何故か、東京に居る国会議員は感染者なし。

さすがです。

素晴らしい。

 

ゆえに、東京都民の皆さんは、好き勝手どうぞ。

ただし、都内だけにして下さい、と隣県民は思うっているでしょうが、そういうわけには行かない。

 

栄華のおこぼれを享受してきたのだから。

リスクも享受して、一蓮托生を経験しましょう。

 

関東圏だけ人口増加しているのだから。

 

PS,

タワマンで感染爆発しないかなあ。

 

 

 

 

映画は虚構、俳優は妄想??

観てはいけないと思いつつ、女優さんの魅力に負けてまた漢字だらけの動画を観てしまった。

 

その中で、以前言われていた撮影中の事故場面を捉えた動画に遭遇した。

 

いわゆる世間で定着したイメージとは真逆なストイックな真摯な姿勢が映し出されていた。悪いことに?、少々の危険は黙認、安全配慮に欠けた国の監督作品ということもあってか、女優さんもヒートアップして、痛々しい映像が延々と流れる。

 

演じることに疑問を感じて、何度も何度も言い表そうとする彼女はまだ大学卒業したくらいの年齢。

しかし、あらためて作品を見るとすでに経験はかなり積んでいる。それも主演として。

 

そうなんだよ。

脇と主演は全然違う。

 

あの健さんも苦しめられた、お金になる映画、つまりヒットする映画・ドラマの全責任が主役に覆いかぶさると言っていいのが、主役の苦労。

 

100人近いスタッフ、場合によっては数百人のエキストラが、主役次第で何度もやり直し。痛い、疲れたは禁句。

 

2年前に脇として共演した俳優が、今度は相手役としてワイヤーアクションなどで痛めつけられている。彼は泣き言を言いそうになっても、主役が笑顔で頑張っているからついて行けたと語っていた。(そういうもんだ。主役の責任は。)

 

と、これが死の後に公開されたならいいのだが、現在活躍中に見てしまうと。

 

ほんわかしたイメージが崩れる。

(会社の戦力としてはマイナスだろう。)

 

もちろん、頑張るを前面に出した作品もあるが、好評なのはホンワカイメージ。

 

寅さんを演じた方もその虚像に苦しんだ一人だよなあ。

 

どんな役を演じても寅さんとして見られる。

 

亡くなった健さんが最後の作品の密着取材で、この女優さんに漏らしていたよな。

いいことなんか一つもなかった、と。

(耳大きいですね、福耳ですね、と、話しかけるのがあの人の天性。気を許したんだね。)

 

たしかにそうなんだ。

 

1年に何本も同じやくざ映画ばかり。

あまりに嫌で3か月逃亡したと、その時はまだ脇の仲のいい俳優さんが語ってた。

 

晩年、作品を選んでと言っていたが、何をやっても健さん健さん

決してダメダメ人間じゃない、同じスタイルの人間像。

 

今回、ウイルス騒動で裏側とか素顔とかの映像を楽しみに探していたが・・・・

 

我々は、虚構の映画と虚像である俳優を見ていた方が幸せかも。

 

デビューして20年にもなっている。

 

会社でいえば、そう、アルバイトから初めてあっという間に店長になったと思ったら、社長に抜擢、という展開ですよ。

 

大手事務所の稼ぎ頭。

 

その方に数百人の運命がかかっている、と言ってもいいくらいの大きさ。

今、人が集まる映画・ドラマは全滅状態。

 

まるで虚構が現実になったよう。

 

その現実社会で、やはり醜いまま突っ走る輩が脇だけでなく、主役級が多数いる酷さ。

 

映画でいえば、猿の惑星はまだかわいい。

マッドマックスもそこそこ。

 

一番近いのは、実録の第二次世界大戦だろう。

 

「1億人の昭和史」全15刊(1977年)・・・今から43年も前だ。

 

私が手にしたのは、塾で教えるべきと思った29歳ぐらいだったか。

イケイケどんどんな時代だった。

 

いつか子どもたちに伝えるべき時があると思った。

 

が、塾長に嫌われて、そのチャンスは逃した。

 

代わりに、自分の子どもには、高校卒業前に見せた。

県外へ送り出すと、もう帰る必要はないが、これだけは見ておけと。

 

今見ても、あれが現実かと驚くばかりだ。

 

映画は観る方も、作る方も、その時は幸せな時代だということ。

 

我が県も22日から営業自粛で大型集客施設はNGだ。

 

映画はネットで。

 

私の生活はほぼ変わりないが、俳優さんは・・・・・

 

 

2020年、第三次世界大戦。敵はウイルスか、それとも悪意ある人間か。